貸事務所の100年後

100年後のビジネスって一体どうなってるのでしょうか。考えたことはありますか。1900年から100年ちょっとで世界は凄く変わりました。では、ここから100年後ってどうなるのでしょう。1900年ごろと言えば、蒸気機関が発達し、産業革命が起こりました。そして、戦争によって通信技術なども発達し戦後50年の間で、輸送網、流通、など、さまざまな変化がおこり、インターネットの登場でどこでも通信して情報を得られる時代が来たわけです。では、100年後を考えてみると一体どうなるのでしょう。まず、考えられることは通信スピードの向上ではないでしょうか。そうなると、貸事務所の形も変わるかもしれません。等身大立体映像なんかも登場しそうです、SF映画とかででてくる。ああいった世界がおとずれるかもしれませんね。そうなると、事務所で会議などももっとへったり出向く形もへるということになると、事務所の概念すら、変わるという事も考えられます。そして、人々は、デスクで仕事をするということすら、しなくなり、仕事っていう考え方もかわるかもしれませんね。認証も、手相、指といった生体認証が標準となり、すべて、人体のコードで管理させている事も想定されます。そうすれば、ある意味委息苦しい社会になるのかもしれませんが、便利な社会はそれなりの弊害、働く人のストレスなども過剰になり、いまよりも状況はしんどくなるかも知れません。