貸事務所の可能性

徳島で貸事務所を中心に過疎からの未来の創造的な街と変貌した地域がある。それは、グリーンバレーとよばれ、ICTによって可能とした、創造的な街の成功事例として、模範となっている。過疎かした、街を再生させる貸事務所の創造的なモデルは、今後の、過疎問題解決の一つとして、今後も増えていく可能性があるとされている。日本は、超高齢少子化時代を迎えるにあたり、そういったイノベーションが街を変貌させるきっかけになるかもしれません。そういったイノベーションの中核が、貸事務所であるということは、非常に面白いところであり、こうした取り組みが、街を活性化させ、高齢者と、若者の接点ができるということが非常に面白う。今後、過疎化という問題は、全国で様々出てくるであろうが、そういった、行政と一体となった、ソフトウエアと、ハード融合こそだいじであるともう。また、空き家再生といった側面もおおきくあり、このような、双方のめりっとが、今後の日本のあり方をあらわしているのかもしれない。人があつまれば、またそこから、新しい融合がうまれ人と人の交流があらたな、創生をつくる。この潮流こを現代社会に置ける、あらたな貸事務所がつくる、街と人をつなぐきっかけになることを期待したい。それがあらたな可能性を生み出し、次の、イノベーションをつくるきっかけになることでしょう。